2014年、夏、1回戦。津島北高校VS渥美農業高校「地力の差が出た一戦」

公開日: : 最終更新日:2014/07/25 高校野球(愛知県予選) ,

【総評】

初回の攻防を見たときはどんな試合になるのか想像できなかった一戦。

しかし、渥美農業の林投手は立ち直り、ランナーが出たときに課題を残すもスコアボードにゼロを重ねた。

atumii

津島北はピッチャー陣が不調だったようで、渥美農業の打線を抑えきれなかった。

ただ、6回までは津島北のピッチャーもしのぎ続けどちらに転んでもおかしくない展開であった。

CCNETでの観戦】

豊橋市民球場。

atumi

実況・解説席の様子、ほのぼのしてていいですね。

一回表

ワンナウト一塁、二塁。

那須のセンターオーバーのスリーベースヒット。2-0

センター夏目のスーパーキャッチかと思われるプレーも及ばず。

藤浪、レフトへ犠牲フライ3-0

サードゴロ。

一回裏

ピッチャー山内。

夏目、ライト前ヒット。

ナイス送りバント。

大場、センターフライ、タッチアップ、ツーアウト三塁。

林、四球。

河合、ワイルドピッチで、3-1ツーアウト三塁、四球。

森田、死球。

牧野、死球、押し出し3-2

林、ファーストライナー。

二回表

林、セカンドフライ。

土屋、ショートフライ。

山内、三振。

二回裏

末吉、セーフティーバントを試みるもアウト。

夏目、ピッチャーゴロ。

西山、センター前ヒット。

大場、盗塁アウト。

三回表

昼ご飯。

ピッチャー交代、岩田。

四回裏

3-5、逆転してる。

渥美農業が打ち崩す。

林、レフトフライ。

五回表

林、ライト前ヒット。

送りバント成功。

四球。

ランナー出すと林はよくないみたい。

松本、上手い打ち方でセンター前ヒット。

ワンナウト満塁。

伊藤、サインミス三塁ランナー飛び出してアウト。ツーアウト二塁、三塁、レフトフライ。

ピンチをしのぐ。

五回裏

河合、四球。

森田、1年生で169センチ92キロのいいガタイ、盗塁失敗、四球。

牧野、ライトフライ。

林、レフト線へツーベースヒット、ツーアウト二塁、三塁。

末吉、ファーストライナー。

六回表

ツーアウト二塁。

カミシマ、ショートフライ。

七回表

ツーアウト。

代打、山内、サードフライ。

七回裏

四球。

河合、ツーベースヒット?ノーアウト二塁、三塁。

森田、四球、ノーアウト満塁。

ショートフライ。

林、四球、押し出し3-6

ピッチャー交代、嘉和知。

末吉、セーフティースクイズ成功、4-7

お見事。

夏目、ライトへタイムリースリーベース3-10

コールドゲーム成立。

atuuuuu

校歌がなかなか流れない&ペースが早かったのか思わず笑いながら歌う選手も。

atuoune

渥美農業の応援席。

 

pc

関連記事

2014年、夏、2回戦。豊田大谷高校VS佐織工業高校「佐織工業も善戦したが、最後は豊田大谷が波に乗った試合」

【総評】 平田(元中日)、古木(元横浜など)が過去に在籍し、2度の甲子園出場経験がある豊田大谷

記事を読む

2014年、秋、準々決勝。中京大中京高校VS愛工大名電高校「中京伊藤、名電高橋、両チームの4番が打撃でチームを引っ張るも・・」

【総評】 両チームとも新チームとは思えないような打撃力を見せた試合だった。 特に特大ホー

記事を読む

2014年、夏、3回戦。小坂井高校VS成章高校「シード校成章登場。ヒットの数は同数も7回コールド勝ち」

【総評】 東三河の強豪校成章とこちらも東三河の小坂井高校の一戦。 7回コールドに終わった

記事を読む

2014年、夏、4回戦。中京大中京高校VS至学館「私学の強豪対決!昨夏のリベンジを果たし中京大中京がコールド勝ち」

【総評】 昨夏の5回戦で対戦した両校、その時は至学館が5点差をひっくり返して勝利した。

記事を読む

2014年、夏、準々決勝。春日丘高校VS豊田西高校「両チームとも打撃好調!豊田西の山下がよく粘った。」

【総評】 鞄につけられるキーホルダーは1個までの春日丘高校と愛知の公立高校の雄、豊田西高校の一

記事を読む

2014年、夏、2回戦。誉高校VS国府高校「母校だけに国府に勝って欲しかったが、誉は強かった」

【総評】 我が母校である国府高校と秋の県大会ベスト4の好チーム誉高校との一戦。 戦前は両

記事を読む

2014年、夏、1回戦。三谷水産高校VS桜台高校「引き締まったナイスゲームでした」

【総評】 進学校で46分授業×7時間、休憩時間は9分という非常に珍しい授業時間の名古屋市立桜台

記事を読む

2014年、夏、4回戦。東邦高校VS豊橋工業高校「森、大井、両チームのエースによる、息つまる投手戦」

【総評】 春の東三河チャンピオンの豊橋工業と私学4強の名門校東邦高校の対戦。 春にも県大

記事を読む

2014年、秋、準々決勝。豊橋工業高校VS愛知啓成高校「森危なげなく完封。彦坂場外ホームラン!」

【総評】 寝坊してしまい熱田球場に到着したのが11時(試合開始は10時)ということで、6回から

記事を読む

2014年、夏、1回戦。岡崎東VS瑞陵「岡崎東が立ち上がりの猛攻でゲームを決めた」

【総評】 両チームともスイングが鋭く、守備もしっかりとしていた。 瑞陵の2番手投手澤田が

記事を読む

pc

コメント大歓迎です。

PAGE TOP ↑