2014年、夏、準決勝。 中京大中京高校VS栄徳高校「栄徳満点野球で初の決勝進出!いいチームだ。」

公開日: : 最終更新日:2014/07/31 高校野球(愛知県予選) ,

【総評】

甲子園最多優勝を誇る名門中の名門、中京大中京高校と栄徳高校の一戦。

今日は中京大中京のエース上野、栄徳のエース大内は共に先発を外れる。

雨天のために大会日程がずれ込んで、5回戦から決勝まで進むと4日連続試合になるという酷い日程。

そんな中、試合を制したのは大塚・村上の栄徳バッテリーだった。

大塚は春の公式戦で中京大中京にコールド負けをしたときのピッチャーらしく、その雪辱の意味合いもあったのか気合が入っていた。

2年生キャッチャー村上が巧みな配球でリードし、そこに的確に投げ込む大塚。

9回完封で強打の中京打線を完全に封じ込めた。

守備も素晴らしく、目立ったミスはなかった。

攻撃面でも飛び抜けたバッターはいないが、かえってそれがいいのか全員が同じ意識でピッチャーを攻略しに行き、中京の先発粕谷のカウントを取りに来る球を狙い打った。

監督の采配も的中し、キャッチャーの村上は先制とダメ押しのスクイズを決める。

正直、この野球をやられたらどこのチームも勝てないというほど攻守の歯車が噛み合った素晴らしい野球だった。

中京大中京は1、2回の攻撃で点数が取れなかったのが痛かった。

 

そして、明日はいよいよ決勝戦である。

名電を完封した今大会ナンバーワンサウスポーの栄徳大内と豊川相手に好投した東邦1年藤嶋の投げ合いになると予想される。

打撃力は東邦が上かもしれないが、チームのまとまりという点では栄徳が勝っている。

しかも、藤嶋は素晴らしいピッチャーだがまだ1年ということを考えると、栄徳にも十分チャンスがあると思われる。

明日の岡崎市民球場は激アツだ!!

 

【NHKでの観戦記】

中京大中京高校VS栄徳高校

先攻は、栄徳、後攻は、中京大中京。

中京先発は、粕谷。栄徳先発は、大塚。

一回表

鈴木、初球をセカンドゴロ。

村上、センター前ヒット。

奥村、エンドラン、センターフライ、ゲッツー。

一回裏

山本、ショートゴロ。

加藤、セカンドゴロ。

小林、ライト前ヒット。

楠、盗塁、キャッチャーの悪送球で、ツーアウト三塁、三振。

二回表

大谷、レフトフライ。

寺浦、センター前ヒット。

山田、送りバント成功。

鈴木、サードゴロ。

二回裏

中村、ショートゴロ、エラー。

伊藤、牽制アウト!ライトオーバーのツーベースヒット。

板倉、ストレートの四球。

松浦、三振。

粕谷、センターへ大きな当たりも、センターがお手玉ナイスキャッチ!

三回表

大塚、三振。

土田、レフト線へツーベースヒット。

鈴木、センター前ヒット、ワンナウト一塁、三塁。

村上、スクイズ成功!1-0ピッチャー転んでしまい、ワンナウト一塁、二塁。

奥村、センターフライ。

大谷、ライトフライ。

三回裏

山本、痛烈な当たりもサード正面。

加藤、ライトフライ。

小林、ショートゴロ。

四回表

寺浦、ライト前ヒット。

山田、送りバントがピッチャー前に浮くもキャッチできずエラー、ノーアウト一塁、二塁。

ピッチャー交代、真田。

鈴木、送りバント失敗。

大塚、ファーストゴロ、セカンドへ送球するもランナーに当たり2-0
ワンナウト一塁、三塁。

土田、四球、ワンナウト満塁。

鈴木、左中間へ走者一掃のタイムリースリーベースヒット!5-0

村上、スクイズ成功6-0

奥村、キャッチャーゴロ。

栄徳、そつのない野球、チームで統率の取れたバッティング、ボールに逆らわないバッティング。

中京相手でも物怖じせず。

四回裏

楠、四球。

中村、バント。

伊藤、ショートファールフライ、ナイスキャッチ、楠、タッチアップ、ツーアウト三塁。

板倉、三振。

栄徳キャッチャー、村上の好リードが光る。

五回表

大谷、セカンドゴロ。

寺浦、ピッチャーゴロ。

山田、セカンドゴロ。

五回裏

松浦、ライトへ大きなフライ。

真田、サードファールフライ。

山本、セカンドゴロ、セカンドナイスプレー。

六回表

鈴木、三振。

ピッチャー交代、上野。

大塚、三振。

土田、レフト前ヒット。

鈴木統偉、ファーストゴロ。

六回裏

加藤、セカンドゴロ、奥村ナイスプレー。

小林、センターフライ。

楠、セカンドゴロ。

七回表

村上、三振。

奥村、レフト前ヒット。

大谷、ショート内野安打。

寺浦、ショートゴロゲッツー。

七回裏

中村、ライト前ヒット。

伊藤、解説を翻弄する村上の好リード、四球、ノーアウト一塁、二塁。

板倉、三振。

代打、杉本、三振。

ショートゴロ。

八回表

山田、ショートゴロ。

鈴木、四球。

大塚、送りバント失敗。

土田、レフトフライ。

八回裏

山本、サードゴロ。

加藤、セーフティーバント、サードナイスプレー、間一髪アウト!

小林、ファーストゴロ。

九回表

ファーストゴロ。

村上、センターフライ。

奥村、四球。

大谷、死球。

寺浦、キャッチャー牽制エラーでツーアウト二塁、三塁、いい当たりもセンターフライ。

九回裏

楠、ファーストゴロ。

中村、センター前ヒット。

伊藤、四球。

代打、福田、レフトフライ。

代打、垣内、レフトフライ。

ゲームセット。

pc

関連記事

2014年、夏、2回戦。菊里高校VS岡崎西高校「最後までもつれた接戦でした」

【総評】 3回までは両チームともによく守り、ゲームがどんどん進んでいく。 4回に岡崎西が

記事を読む

2014年、夏、4回戦。東邦高校VS豊橋工業高校「森、大井、両チームのエースによる、息つまる投手戦」

【総評】 春の東三河チャンピオンの豊橋工業と私学4強の名門校東邦高校の対戦。 春にも県大

記事を読む

2014年、秋、準々決勝。中京大中京高校VS愛工大名電高校「中京伊藤、名電高橋、両チームの4番が打撃でチームを引っ張るも・・」

【総評】 両チームとも新チームとは思えないような打撃力を見せた試合だった。 特に特大ホー

記事を読む

2014年、夏、3回戦。安城学園高校VS安城農林高校「ジャイアントキリング!安城対決を制したのは安城農林!!」

【総評】 全国高校野球ランキングで、今年は愛知県6位の安城学園と162位の安城農林の対決。

記事を読む

2014年、夏、1回戦。津島北高校VS渥美農業高校「地力の差が出た一戦」

【総評】 初回の攻防を見たときはどんな試合になるのか想像できなかった一戦。 しかし、渥美

記事を読む

2014年、夏、1回戦。三谷水産高校VS桜台高校「引き締まったナイスゲームでした」

【総評】 進学校で46分授業×7時間、休憩時間は9分という非常に珍しい授業時間の名古屋市立桜台

記事を読む

2014年、夏、準々決勝。春日丘高校VS豊田西高校「両チームとも打撃好調!豊田西の山下がよく粘った。」

【総評】 鞄につけられるキーホルダーは1個までの春日丘高校と愛知の公立高校の雄、豊田西高校の一

記事を読む

2014年、夏、2回戦。豊田大谷高校VS佐織工業高校「佐織工業も善戦したが、最後は豊田大谷が波に乗った試合」

【総評】 平田(元中日)、古木(元横浜など)が過去に在籍し、2度の甲子園出場経験がある豊田大谷

記事を読む

2014年、夏、3回戦。小坂井高校VS成章高校「シード校成章登場。ヒットの数は同数も7回コールド勝ち」

【総評】 東三河の強豪校成章とこちらも東三河の小坂井高校の一戦。 7回コールドに終わった

記事を読む

2014年、夏、準々決勝。東邦高校VS大府高校「東邦打線が爆発!圧巻の5回コールド!!」

【総評】 シード校同士の戦いとなった東邦高校と大府高校の一戦は11-1、5回コールドで東邦高校

記事を読む

pc

コメント大歓迎です。

PAGE TOP ↑