2014年、夏、決勝。東邦高校VS栄徳高校「素晴らしい投手戦!東邦のバンビ2世藤嶋が甲子園に呼ばれたか?」

【総評】

2014年愛知大会の決勝戦は豊橋工業、豊川を倒してきた東邦高校と愛工大名電、中京大中京を倒してきた栄徳高校の一戦。

投手力は永徳は大内・大塚の2枚看板、東邦は大井・藤嶋の2枚看板と互角の両チーム。

打撃力では東邦が上回るも、勝負どころの集中力が高い栄徳とどちらが勝ってもおかしくない勝負。

そんな、実力伯仲の両チームらしく、決勝戦は両チームが力を出した白熱の好ゲームとなった。

序盤4回までは大内、藤嶋が素晴らしいピッチングを見せ、あっという間に試合が進んでいく。

そして、試合が動いたのは5回、栄徳がチャンスを作り7番の長身バッター土田が藤嶋の直球を上手く合わせライトオーバーの先制打を放つ。

土田は長身なのにバットを短く持ち、非常にコンパクトなスイングでミートするのが上手いバッターだ。

しかし、この得点が影響したのかわからないがその裏大内が四球を出してしまい、続くバッターにもヒットを許し、続く東邦溝口にはすっぽ抜けた変化球をとらえられてライトスタンドへ持っていかれる。

そこまで、球数も少なく淡々と投げていた大内だったが、この回だけは制球が定まらなかった、そしてそこを見逃さなかった東邦はさすが。

3盗を決めた作戦も大胆だった。

その後、大内はエラー絡みで7回に1点を失うものの崩れることなく7回を投げきった。

一方の藤嶋は直球の威力が衰えず、終盤になっても相手打者を押しまくる。

8回には栄徳の巧打者鈴木統偉にツーベースを打たれ、奥村に返され1点を失うも、最終回は一転してカーブの連投で相手打線を翻弄して完投。

栄徳は東邦よりもヒットを打ち(栄徳7本、東邦4本)粘って、守っていい試合をしたが、結果勝ったのは東邦だった。

どちらが勝ってもおかしくない試合だったが、僕は東邦の1年生藤嶋が甲子園に呼ばれた気がする。

ぜひ、甲子園でも物怖じせずにストレートでどんどん勝負して欲しい。

【2014年夏愛知大会決勝の観戦記】

三回裏から

東邦先発は藤嶋、栄徳先発は大内。

溝口、三振。

藤嶋、サードゴロ。

松原、三振。

四回表

村上、セカンドゴロ。

奥村、レフトファールフライ。

大谷、三振。

四回裏

サードゴロ。

岡田、ライトフライ。

児玉、レフトフライ。

五回表

寺浦、しぶとくセンター前ヒット。

山田、送りバント成功。

土田、ライトオーバーのタイムリースリーベースヒット!1-0

大内、スリーバントスクイズ失敗。

鈴木、三振。

五回裏

宮澤、三振。

峰、四球。

工藤、ライトへヒット、ワンナウト一塁、二塁。

溝口、サードへ盗塁成功、ワンナウト一塁、三塁、一塁ランナー盗塁、ワンナウト二塁、三塁、ライトスタンドへ逆転のスリーランホームラン!1-3

サードファールフライ。

松原、サードゴロ。

六回表

鈴木、センター前ヒット。

村上、送りバント成功。

奥村、三振。

大谷、四球。

寺浦、三振。

六回裏

鈴木、ショートゴロ、ショート鈴木スーパープレー

センターフライ、土田ナイスキャッチ。

児玉、レフト前ヒット。

宮澤、ライトフライ。

七回表

山田、サードゴロ。

土田、レフト前ヒット。

大内、ショートゴロ、ツーアウト二塁。

鈴木、三振。

七回裏

峰、センター前ヒット。

工藤、送りバント成功、キャッチャーファーストへ送球ミス、ノーアウト二塁、三塁。

溝口、ライト犠牲フライ1-4

藤嶋、三振。

松原、四球。

鈴木、ショートゴロ、ショートナイスプレー。

八回表

鈴木、初球をライト線へツーベースヒット。

村上、ファーストゴロ、ワンナウト三塁。

奥村、センター前ヒット2-4

大谷、ライトフライ。

寺浦、盗塁失敗。

八回裏

ピッチャー交代、大塚。

岡田、レフトフライ。

児玉、三振。

宮澤、レフトフライ。

九回表

寺浦、三振。

山田、セカンドゴロ。

土田、セカンドゴロ。

ゲームセット。

【未来のドラ戦士候補1】

東邦の最速145キロ右腕、バンビ2世藤嶋は文句のつけようがないドラ戦士候補だろう。

甲子園でも頑張って欲しいが、まだ1年生だから体を壊さないように使って欲しい。

【未来のドラ戦士候補2】

こちらも1年生だが栄徳の鈴木統偉は素晴らしいバッターだ。

トップバッターとして迎えた6回、8回の場面でいずれも初球のストレートを苦もなく打ち返し出塁。

塁上での気迫あふれる表情は栄徳ナインを盛り上げたことだろう。

これでまだ1年生というのだから底が知れない、これからが楽しみな逸材。

pc

関連記事

2014年、秋、準々決勝。豊橋工業高校VS愛知啓成高校「森危なげなく完封。彦坂場外ホームラン!」

【総評】 寝坊してしまい熱田球場に到着したのが11時(試合開始は10時)ということで、6回から

記事を読む

2014年、夏、1回戦。津島北高校VS渥美農業高校「地力の差が出た一戦」

【総評】 初回の攻防を見たときはどんな試合になるのか想像できなかった一戦。 しかし、渥美

記事を読む

2014年、夏、3回戦。豊橋南高校VS名古屋高校「豪腕投手を強打名古屋高校打線が打ち崩す」

【総評】 ナゴヤドームが近くにある名古屋高校とのどかな田舎にある豊橋南の一戦。 戦前の予

記事を読む

2014年、秋、準々決勝。中京大中京高校VS愛工大名電高校「中京伊藤、名電高橋、両チームの4番が打撃でチームを引っ張るも・・」

【総評】 両チームとも新チームとは思えないような打撃力を見せた試合だった。 特に特大ホー

記事を読む

2014年、夏、3回戦。安城学園高校VS安城農林高校「ジャイアントキリング!安城対決を制したのは安城農林!!」

【総評】 全国高校野球ランキングで、今年は愛知県6位の安城学園と162位の安城農林の対決。

記事を読む

2014年、夏、準々決勝。春日丘高校VS豊田西高校「両チームとも打撃好調!豊田西の山下がよく粘った。」

【総評】 鞄につけられるキーホルダーは1個までの春日丘高校と愛知の公立高校の雄、豊田西高校の一

記事を読む

2014年、夏、2回戦。菊里高校VS岡崎西高校「最後までもつれた接戦でした」

【総評】 3回までは両チームともによく守り、ゲームがどんどん進んでいく。 4回に岡崎西が

記事を読む

2014年、夏、1回戦。三谷水産高校VS桜台高校「引き締まったナイスゲームでした」

【総評】 進学校で46分授業×7時間、休憩時間は9分という非常に珍しい授業時間の名古屋市立桜台

記事を読む

2014年、夏、4回戦。東邦高校VS豊橋工業高校「森、大井、両チームのエースによる、息つまる投手戦」

【総評】 春の東三河チャンピオンの豊橋工業と私学4強の名門校東邦高校の対戦。 春にも県大

記事を読む

2014年、夏、2回戦。誉高校VS国府高校「母校だけに国府に勝って欲しかったが、誉は強かった」

【総評】 我が母校である国府高校と秋の県大会ベスト4の好チーム誉高校との一戦。 戦前は両

記事を読む

pc

コメント大歓迎です。

PAGE TOP ↑