2014年、夏、2回戦。誉高校VS国府高校「母校だけに国府に勝って欲しかったが、誉は強かった」

公開日: : 最終更新日:2014/07/25 高校野球(愛知県予選) ,

【総評】

我が母校である国府高校と秋の県大会ベスト4の好チーム誉高校との一戦。

戦前は両チームが好ピッチャーを要するだけに投手戦になるかと予想されたが、試合は点の取り合いになった。

序盤は両先発の明石、内田ともにいい直球はそれなりに決まるものの、変化球が決まらず、四死球絡みで得点が入る。

中盤になると誉の先発内田は変化球も決まるようになり、いいリズムで投げる。

一方、明石は変化球が決まらないために四死球が多くなり、投げる球も直球しかなくなり、そこを誉打線に狙われて失点を重ねる。

ただ、誉は守備のミスが多くなかなか国府高校を突き放せない。

終盤7回に4点差となった時は、勝負あったかと思われたが、8回に国府が粘りを見せ1点差まで追い上げる。

しかし、反撃もそこまで、7-6で誉高校の勝利でゲームセット。

勝った誉高校はエースの内田はかなりの好投手でバッティングもいいので、守備をもう一度引き締め直せば、秋の大会の再現もありうるかも。

負けた、我が母校は明石の制球に尽きると言えばそれまでだが、守備でよく盛り立てていたし、打撃陣も粘り強く少ないチャンスをモノにしていた。

ただ、横木というリリーフピッチャーがいたことを考えると、もう少し早い継投が見たかった気がする。

【CCNETでの観戦記】

誉高校VS国府高校

先攻、誉、後攻、国府。

国府高校の先発は明石。

一回表

ストレートの四球。

エンドラン、ショートゴロ、ワンナウト二塁。

小林、センターへタイムリーヒット1-0、ワンナウト二塁。

長谷川、ショートゴロ、セカンドランナーを塁間でアウト、彦坂ナイスプレー。

ファーストへ強い打球、エラー、ツーアウト一塁、三塁。

中村、ライトライナー。

誉はよく振れてるな、さすが秋の県大会ベスト4。

一回裏

誉高校の先発は内田。

内田、四球。

塚越、盗塁失敗、サードゴロ。

セーフティーバント、アウト。

二回表

浅岡、ショートゴロ。

内田、レフト前ヒット。

細野、キャッチャー一塁牽制で、ランナー進塁、ワンナウト二塁、三振。

竹内、ライトフライ。

二回裏

豊橋市民球場

明石、ファーストゴロ。

石黒、死球。

高尾、送りバント、ツーアウト二塁。

宇野、ライト線へタイムリーツーベースヒット!1-1ナイスバッティング、ツーアウト二塁。

彦坂、三振。

三回表

山崎、死球。

小林、送りバント、ワンナウト二塁。

長谷川、ショートゴロ。

山本、ボーク、ツーアウト三塁、三振。

明石はストレートで攻めるべき。

三回裏

岩瀬、ショートゴロ。

内田、三振。

いかにもくせ者塚越、サードエラーで出塁。

河邉、ショートゴロ。

四回表

中村、ライト線へツーベースヒット、中継ミスでノーアウト三塁。

セカンドゴロの間に、2-1

ライトフライ。

細野、ファーストゴロ。

四回裏

石黒送りバントで、ワンナウト二塁。

高尾、三振。

宇野、キャッチャー後逸でランナー三塁、四球。

彦坂、多分ファーストランナー挟まれてホーム狙う作戦も失敗、狙いは面白いけど、誉の守備がしっかりしてる。

五回表

竹内、レフトオーバーのツーベースヒット。

山崎、ナイスバントでノーアウト一塁、三塁。

小林、四球、ノーアウト満塁。

長谷川、明石は変化球がな、ショートゴロ、ゲッツーの間に追加点、3-1

ツーアウト三塁から山本レフトオーバーのタイムリーツーベースヒット4-1

ランナー走るもサードタッチアウト、これは助かった。

五回裏

彦坂、ライト前ヒット、送球が逸れて二塁へ。

岩瀬、盗塁成功、ノーアウト三塁、サードゴロ。

内田、ライトへ犠牲フライ4-2

塚越、セカンドゴロ。

グランド整備。

六回表

中村、四球。

浅岡、盗塁するが守備妨害。

ショートゲッツー、彦坂ナイス、ファーストもナイス。

六回裏

河邉、サードゴロ、エラー。

明石、送りバント成功、ワンナウト二塁。

石黒、セカンドエラーで4-3ワンナウト二塁。

高尾、三振、ツーアウト二塁。

宇野、ショートゴロ。

七回表

細野、ストレートの四球。

竹内、盗塁成功、ライトフライ、タッチアップ、サードセーフ。

山崎、四球。

小林、レフト前ヒット5-3

長谷川、左中間へタイムリーツーベースヒット7-3

ピッチャー交代、横木。

山本、ショートゴロ。

ファーストフライ。

七回裏

彦坂、ショートゴロ。

横木、三振。

内田、三振。

八回表

浅岡、セカンドゴロ。

内田、ライトフライ。

細野、四球。

盗塁成功、三振。

八回裏

塚越、四球。

河邉、エンドラン、レフト前ヒット、ワンナウト一塁、二塁。

明石、センター前ヒット、ノーアウト満塁。

石黒、ショートゴロエラー、7-4、ノーアウト満塁。

高尾、レフト前ヒット、7-5

宇野、三振。

彦坂、センターへ犠牲フライ7-6

ツーアウト二塁、三塁、横木、三振。

九回表

山崎、サードゴロ。

小林、レフト前ヒット。

長谷川、ピッチャーゴロ、ゲッツー。

九回裏

内田、三振。

塚越、ファーストゴロ。

河邉、セカンドゴロ。

ゲームセット。

kou

勝った誉高校の選手たち。

pc

関連記事

2014年、夏、2回戦。菊里高校VS岡崎西高校「最後までもつれた接戦でした」

【総評】 3回までは両チームともによく守り、ゲームがどんどん進んでいく。 4回に岡崎西が

記事を読む

2014年、秋、準々決勝。豊橋工業高校VS愛知啓成高校「森危なげなく完封。彦坂場外ホームラン!」

【総評】 寝坊してしまい熱田球場に到着したのが11時(試合開始は10時)ということで、6回から

記事を読む

2014年、夏、1回戦。岡崎東VS瑞陵「岡崎東が立ち上がりの猛攻でゲームを決めた」

【総評】 両チームともスイングが鋭く、守備もしっかりとしていた。 瑞陵の2番手投手澤田が

記事を読む

2014年、夏、3回戦。安城学園高校VS安城農林高校「ジャイアントキリング!安城対決を制したのは安城農林!!」

【総評】 全国高校野球ランキングで、今年は愛知県6位の安城学園と162位の安城農林の対決。

記事を読む

2014年、夏、決勝。東邦高校VS栄徳高校「素晴らしい投手戦!東邦のバンビ2世藤嶋が甲子園に呼ばれたか?」

【総評】 2014年愛知大会の決勝戦は豊橋工業、豊川を倒してきた東邦高校と愛工大名電、中京大中

記事を読む

2014年、夏、2回戦。享栄高校VS岡崎東高校、時々、西尾VS新城東「岡崎東粘るも、享栄もそつなく点を取る、そんな試合」

【総評】 ドラゴンズの大島・武山などの母校である古豪享栄高校と岡崎東高校の一戦。 序盤は

記事を読む

2014年、夏、4回戦。東邦高校VS豊橋工業高校「森、大井、両チームのエースによる、息つまる投手戦」

【総評】 春の東三河チャンピオンの豊橋工業と私学4強の名門校東邦高校の対戦。 春にも県大

記事を読む

2014年、夏、準々決勝。東邦高校VS大府高校「東邦打線が爆発!圧巻の5回コールド!!」

【総評】 シード校同士の戦いとなった東邦高校と大府高校の一戦は11-1、5回コールドで東邦高校

記事を読む

2014年、夏、4回戦。中京大中京高校VS至学館「私学の強豪対決!昨夏のリベンジを果たし中京大中京がコールド勝ち」

【総評】 昨夏の5回戦で対戦した両校、その時は至学館が5点差をひっくり返して勝利した。

記事を読む

2014年、夏、1回戦。三谷水産高校VS桜台高校「引き締まったナイスゲームでした」

【総評】 進学校で46分授業×7時間、休憩時間は9分という非常に珍しい授業時間の名古屋市立桜台

記事を読む

pc

コメント大歓迎です。

PAGE TOP ↑