今からサッカー日本代表が勝ってグループリーグを抜けるには?

おはようございます37歳です。

残念ながらサッカー日本代表は昨日の試合でコートジボワールに2-1で敗れてしまいました。

しかも、長谷部も言っていましたが、ただ負けるのではなく「自分たちらしいサッカー」がまったくできなくて負けたのでショックも大きいでしょう。

ただ、そんな最悪の状況の中でも次のギリシャ戦はやってきます。

そして、僕はこうなってしまった以上「自分たちらしいサッカー」は捨てて勝ちに行くべきだと思うのです。

「それだけは、勘弁を」と思っている選手たちが多いかも知れませんが、今の状況では何よりも勝つことが重要ですし、勝つことによって取り戻せるものがあるからです。

 

今の日本代表は①負け②「自分たちらしいサッカー」ができなかったという二重苦に苛まれて、はっきり言ってどうしようもないほどヤバイ状況に追い込まれています。

こんなにひどいサッカーをする日本代表を見るのは久しぶりです。

二重苦を一気に解決してキレイに快勝と行けばそれが一番なのかも知れませんが、今の日本代表ではおそらく難しいでしょう。

それは「日本代表のコンディショニングが悪い」のと「気候が想像以上に厳しい」からです。

 

コンディショニングに関しては元代表監督の岡田さんも言ってましたが、日本は暑さ対策も含めてコンディショニングに失敗したのではないかと思われます。

その証拠に、昨日も前半途中から相手に走り負けてしまい、結局何もできなくなってしまいました。

日本の生命線は「走力」であり、その走力を生かした高いポジションからのプレッシングからのボール奪取が、「日本らしいサッカー」をするための必要最低条件です。

ですが、コンディションが悪い今、無理やりそのサッカーをしようとしても相手より走れないのですから上手くいくはずがありません。

 

そして、それに輪をかけるような「気候の厳しさ」というものがあります。

今日のボスニア・ヘルツェゴビナとアルゼンチンの試合でも、これほどの大一番なのに最後は両チームとも疲弊してしまい、中盤は間延びしてガラガラになるということがありました。

その展開でボスニア・ヘルツェゴビナが1点をもぎ取ったのですが、もしあの状況でフレッシュな選手が前線にいたらもうひと波乱あってもおかしくない状況でした。

そんな試合を見ていて思い出したのが、94年のアメリカワールドカップです。

この大会は酷暑の炎天下の中で多くの試合が行われ、選手の消耗度が半端ではなく、多くの国が「自分たちのサッカー」をするというよりは、どんな格好でもいいから勝ち抜くという泥臭い大会でした。

そして、ここ数試合を見ている限りでは、今回の大会はそれに近い状況下で試合が行われている感じがします。

後半極端に選手が動けなくなるというシーンが多々見受けられるのです。

おそらく、次のギリシャ戦でも同じような展開になるのは間違いなく、もし前半開始直後から今の日本が高いポジションからやろうとすれば、試合巧者のヨーロッパの古豪に上手いことあしらわれ、後半疲弊したところでカウンターでズドンという展開が容易に想像できます。

 

ということで、「日本代表のコンディショニングの悪さ」と「気候の厳しさ」を考えると、次のギリシャ戦はとりあえず理想のサッカーは置いておいて、現状を踏まえて勝てる可能性が最も高いサッカーをして欲しいと思います。

まあ、遠藤を先発から外したことや、後半ラストの吉田のパワープレーなんかを見ているとなりふり構わずやってる所もあると思いますが、次戦は徹底してやって欲しいですね。

もしかしたらザックはそれを冷静に理解しているかも知れませんが、選手に受け入れさせるのも監督の仕事です。

ワールドカップは綺麗事じゃ勝てません。

それは、昨日のコートジボワールの最後の時間稼ぎを見れば納得できますし、それが通ってしまうのがサッカーです。

それでも、次戦勝つようなことがあれば、その勝利がまた違ったものを運んできてくれると思います。

「日本のサッカー」を見せるという高い理想も叶えるチャンスが出てくるでしょう。

では、いったいどういう戦い、どういう選手で次戦に挑めば可能性が見えてくるのかというのは、また夜にでも書きます。

がんばれ、ニッポン!!

pc

関連記事

ザッケローニの功罪と誤算「ビッグマウスとメディアと次期監督はターミネーター?」

コロンビアに負けて日本代表のブラジルワールドカップは終わったわけですが、今後に向けてこの4年間を総括

記事を読む

「予選突破の条件は悲観するほど悪くない」日本対ギリシャ戦後の感想・今後の展望

【総評】 今日の試合に関しては、お互いに自分たちのサッカーをしてたと思う。 日本は初戦か

記事を読む

日本代表がコロンビアに勝つためのスタメン・戦術を考えてみた。キーワードは「自分たちらしいサッカー」

日本がギリシャと引き分けてから、コロンビアを研究しました。 そして、出た結論が「コロンビアは強

記事を読む

「ドログバの存在感にやられた」 日本対コートジボワール テレビを見ての感想

【実況】 解説は岡田、福西。 コートジボワールの選手見ると個人は強そうだけど、我が強そう

記事を読む

日本VSザンビア 気ままにテレビ観戦記

朝何気なくテレビをつけるとサッカーやってるので見る。 松木安太郎、セルジオ越後、川平ジエイとい

記事を読む

「コロンビアの2軍に負けた・・だめだこりゃ」日本VSコロンビアの感想【選手採点】

【総評】 結果として、コロンビアの2軍に勝てなかった。 コロンビアの控え選手は、個々の実

記事を読む

サッカー日本代表がギリシャに勝つためのスタメン・戦術

さて、ワールドカップ日本代表の第2戦、対ギリシャ戦が2日後に迫ってきました。 1戦目を落とした

記事を読む

ワールドカップ。チリ対オーストラリアを実況「決定力という強み」

【実況】 テレビ東京の放送。 今日も朝から暇なので、ワールドカップを観戦。 同組に

記事を読む

ワールドカップ開幕「オスカルのゴール」がすごかった件

さて、ワールドカップが開幕しました。 最近は、報道がうっとおしくてあまりワールドカップも見てい

記事を読む

pc

コメント大歓迎です。

PAGE TOP ↑